✳︎12年間フルゆとり 中国留学生活✳︎

1995年生まれのフルゆとり世代 2016年秋から南京に留学後日本で生活中

airbnbつかってみた No.1

f:id:azayhr:20160725113943j:image

ご存知な方も多いと思いますが、数ヶ月前airbnbつかってみたので、その時の経験を書いてみます。

まず、airbnbとは、一般の人が他人に家や部屋を貸すというものです。ホテル代わりに使う人も多いと思います。

昨年の12月に旅行で上海に行ったのですが、あえてホテルをとらずairbnbをつかって上海で3泊しました。

airbnbに興味があったこともありますが、留学中、中国人とあまり交流がなく、また中国人の家に行ったことがなく行ってみたい、中国語を使う旅行にしたいという軽い気持ちで使いました。

結果的には、50点くらいですかね。笑

 

友達が华东师范大学にいるので、その近くの中山公园のまわりで探したら、2泊で5500円のところがあったのでそこにしました。

それまでのやり取りで鍵の場所などを聞いていて、無事鍵をゲットできましたが、鍵が5つくらいついていて、まず建物の門に入る鍵がどれかわかりません。笑

無事そこは入れたのですが、次は、部屋を開ける鍵がわからない、、、

日本の鍵と違って、大きい鍵で、いままで開けたことのないようなものでした。

そのドアがいつまでたってもあかないので、ホストの人にドアが開かないと連絡して、何回も何十回もチャレンジして無事開けることができました。

やっとはいれるとおもったら、もう一個扉がありました😭

3つのドアを開けるのに、とても手こずりました。

やっと部屋に入れたと思ったら、中にはペットの猫が放し飼いに、、、

噛まれたりとかはしないのですが、やっぱり中国の猫ということで抵抗がありました。

自分が借りる部屋に入ると写真とは同じなのですが、まさかのカーテンがない!笑

写真でそこまで見てなかったのがミスですね。

お風呂に入ろうと思っても、猫が入ってくるし、お湯が出ないしまぁまぁ汚くてドアが閉まらないしで散々でしたが、よく寝れたので良かったです。笑

 

残りの1泊は次の朝の飛行機が早いので浦东机场の近くに部屋を借りました。

借りる家の近くまでバスなど通っておらず、何十元か払えば地下鉄の駅まで迎えに来てくれるということで、迎えに来てもらいました。

駅で待っていると、おばちゃんが原付で転んだのか、事故したかでわんわん泣いてて人だかりが出来てました。

ホストの方を探すのに手こずりましたが、無事会えました。

晩御飯を食べてないのを知り、近くのコンビニにも寄ってくれました。

家に着くと、テレビでしか見たことのないような豪邸で、ゲストルームに泊めてもらいました。

f:id:azayhr:20160725115920j:imagef:id:azayhr:20160725115926j:image

こんな家に皆さま行ったことありますか?

ふかふかなソファ、吹き抜け、シャンデリア、とにかくすごいお家でした!

 部屋にシャワールーム、お手洗いがあり、ベッドも大きくとても快適でした。

次の日、このお家から空港まで送ってもらうタクシーをこのアプリでとってもらいました。

何時の飛行機だから、何時に行った方がいいんじゃないと、すべてやってくれました。

f:id:azayhr:20160725120726j:image

上海ディズニーが近くにあり、開園してから値段が上がったと思いますが、私が泊まったときは1泊3300円で、とてもお得なお部屋で素敵で綺麗なお家でした。

 

次の朝ハプニングが起きました!!!!

私が人生で1番中国語を必死に話した日です!

 

それは、また次回!!!

広告を非表示にする