✳︎12年間フルゆとり 中国留学生活✳︎

1995年生まれのフルゆとり世代 2016年秋から南京に留学後日本で生活中

北京 笈川塾 ここでしかできない本当に貴重な経験 参加して良かった!!!

現在中国に留学されている方、これから留学する予定のある方、ぜひ最後まで読んでください😁

 

今回、なんのために北京に行ったか!それは、笈川塾の冬の合宿に参加するため!

中国に留学に来て、外国人とバーやクラブばかり行っている日本人、もう中国を知った気でいませんか?

中国とはどういう環境かは、もちろん知ることができたと思います。が、中国人がどういう人かは何一つ知らないのではないですか?

本科で中国人と一緒に勉強している私は、普段中国人と生活しているので、知っていると思っていました。が、今回北京で参加した合宿により、更に知ることができました!!!

まず、こちらを読んでみてください。作为冬令营的Staff的我,留下了这些回忆

私が参加した時の記事です。

 

合宿とは、なにか!

それは、日本語教師である笈川幸司先生が、春夏に開催する約11日間の日本語を学ぶ合宿です。

毎回違うと思いますが、今回は中国人の参加者、約160人。中国に留学する日本人学生約30人。大学生、大学院生、日本語を教える中国人の先生、日本語を教える日本人の先生が参加しています。

8〜12人の部屋で、日本人1〜4人と一緒に住む共同生活。女の子の部屋は、各部屋日本人は一人でした。

北京なのに、大きいスーパーもない田舎で、

毎日音読をして、毎日違う人と握手をしてお互いの意見を言い合い、

恋ダンスや、ようかいたいそうを踊ったり、

日本語の歌、中国語の歌を歌ったり、

化粧の勉強や、会社の人のお話を聞いたり、小留学生のドキュメンタリーに出演した张素さんのお話を聞いたり、日本の大学の留学生活を聞いたり、

北京にある日本大使館で発表をしたりというプログラム!

 

毎日同じメニューの朝ごはん、3日に一回は同じおかずで、ほぼ毎日同じような食事、

シャワーは暖かいお湯がでるまで待たなければいけないし、朝は洗面所が混雑する、

二段ベッドの上は暖房が効いていて暖かいが乾燥がすごい、下は暖かい空気が下まで来ずとても寒い夜、

暖房のない寒い教室、

毎日たくさん喉を使い、日本人は風邪を引いている人も多かった、

北京の大学に通う日本人の留学生、普段は一人部屋がある寮に住んでいるが、かなり簡素な寮。

 

不自由な部分も多かったですが私は参加してよかった、とても良い経験になりました。

日本にいたら絶対に経験できない、中国にいても普通経験できないとても良い機会です。

  

私は、今回どうしてこの合宿を知り、参加したのかと言うお話をしたいと思います。

それは、南京で出会った中国人の友達が夏に参加しその話を聞いて存在を知りました。北京に行ったことないし、日本に帰る予定もなかったので今回参加することに決めました。

その友達はどうして夏に参加したか、それは笈川先生が中国、世界で講演を行っている活動の中で、私の通う大学にも来たみたいです。そこで知り参加したようです。

口コミで広がっている活動です。

 

次に、笈川先生とはどんな人?と言うお話です。

私も親に参加するかどうか相談した時、第一声が、大丈夫なの?その人  でした。笑

もちろん私も不安で、とりあえずインターネットで調べてみると、中国ではカリスマだと呼ばれていると知りました。日本では、名前も聞いたことがありませんでしたが、中国ではどうやら有名な人だそうです。そして後から知りましたが、中国にいる日本人の日本語教師は700人くらいらしいのですが、そのトップにいる人みたいです。

私自身日本の大学で、日本語教師のプログラムに参加していて、興味があったので、笈川先生の日本語の教え方もみてみたいなと思い、参加しました。

 

初めての北京、初めての中国人との共同生活、初めての大人数部屋、初めての経験ばかりで不安しかありませんでした。

南京へ帰ってくる電車も、春節で全然買えなくて、行こうか途中で悩みましたが、

参加して本当に良かったです。

 

 まず一つに、ルームメイトと出会えたことです。上のリンクの1番最初の写真、実は私の部屋です。ルームメイトも何人か写っています。

私は普段、日本人が一人しかいないキャンパスで、一切日本人との関わりがなく、中国人と授業を受け、南京の友達は90%が中国人という環境のなかで半年生活していました。しかし、今回の合宿で出来た友達とは、朝から夜まで毎日一緒に生活しているからか南京の友達より遥かに仲良く、深い仲になることができました。

10日間以上もずっと一緒の生活をしていて、中国人のいろんなことを知れました。

日本人と同じような、むしろ日本人以上の優しさを持っている子がたくさんです!

日本から中国人を見たり、中国で生活し中国人をみても、知ることができない中国人をここでは一緒に生活することによって見ることができます!

中国に留学しても、いくら本科に入っても経験できないことが、ここに参加すれば経験できるのです。

中国人の子は、日本語が専門だったり、第二の専門として日本語を勉強している子だったり。N2以上のレベルの子たちばかりです。合宿の始めの方はみんな緊張しているのか半分以上の子は、部屋でほとんど日本語を話すことはないのですが、だんだん日にちが経っていくと、ほとんどの子が部屋で日本語を話すようになってきます。

日本語のレベルがそれぞれ違うのにみんな一つの教室で授業を受けます。

私たち日本人も同じクラスで勉強します。

先生は95%日本語で授業をします。

朝の短い時間、お昼休憩の時間に、中国人とは別で集まり、中国語の発音を直してもらったり、中国語の練習をします。私は今回で中国語のレベルは少しだけ上がったかなと思います。ネイティヴスピーカーの中国語を一日中聞ける!朝起きてから寝るときまでずっと中国語!そんな機会は他にはないと思います。

 

8:30〜12:00 授業

12:00〜14:00 お昼休憩

14:00〜17:00 授業

17:00〜 自由時間

というスケジュールです。

夜にはルームメイトとたくさん話をしました。

化粧の話、普段の授業の話、服の話、恋愛の話、食べ物の話、、、

とりあえずたくさんです!笑

恋ダンスを踊った夜もありました。

この化粧水、美白になる効果あるよね!と、私は使ったことないSK-IIの化粧水をオススメされたり、服はタオバオで買う?、これなんか良いんじゃない?とリンクを送ってくれたり、微博に割引券あるから使いなね!と、知らないこともたくさん教えてもらいました。

ルームメイトの一人は、今年の秋から東京に留学するようで、また日本で再会することができそうです。

みんな日本語を学んでいるので、中国でも会えるし、日本でも再会できる可能性が高いのでとても楽しみです😊

ちなみに、合宿が終了し半月ほどたちますが、私の部屋のグループチャットは今でも動いているほど、仲良しです。

 

日本人との出会いもあります。普段はルームメイトと過ごす時間ばかりで、日本人同士で過ごす時間は短いですが、日本にいたら絶対出会えないような日本人に出会えたのも良いところ!

 

中国語が話せなかったら、日本語で話しても相手は聞き取ることができるので、安心してください。

大使館での発表、とても緊張しましたが一人の待ち時間は30秒以内なので、そんなに心配しなくてもいいかなと思います。

話を聞くと、夏の参加者の中には大人数での生活に慣れず途中で帰る日本人もいたということですが、私が参加した時はいなかったです。風邪を引いてしまい、授業を休んでしまうことはありましたが。

 

場所は違いますが、毎回北京内で開催されるようです。

北京大学北京語言大学清華大学からくる日本人の方が多かったです。

 

費用も毎回違います。

今回ですが、全部で1200元支払いました。

この中には、宿泊費、食費、教科書代が含まれています。

プラスで払うお金は一切ありません。

自分でお菓子を買ったり、果物を買ったり、生活に必要なものを買うためだけにお金を使いました。あとは交通費も各自ですね。

日本人は、学費が無料みたいです。

中国人の学生は2000元以上払っていると聞きました。

 

全て口コミで広まっているので、存在自体を知らない人も多いと思います。

中国に留学しても経験できないことが、ここで経験できます。

北京に留学している人、これから留学する予定のある人は是非参加してもらいたいです。

北京以外に留学している人、する予定のある人は北京の観光ついでに参加してみるのはどうでしょうか!

一人で参加しても、周りのみんなが絶対に助けてくれるし、一人になるようなことはありません。友達を誘って一緒に参加するのも、もちろん良いと思います!

次回の開催は8月です。

私はビザが7月に切れてしまい、行けないのが残念です。

 

とりあえず、wechat公式アカウントフォローしてみてください。募集がここでかかります。とりあえずフォローしておいて、夏になったらまた考えてみてください!

f:id:azayhr:20170208213216j:image 

参加した人はみんな笈川先生のファンになって帰ると思います。笑

そして、参加してよかったと思うと思います。

 

こちらは募集記事です。夏の様子の動画もあるのでぜひ読んでみて下さい。【途中参加募集】冬休み中国人学生と合宿!Jaslon Camp

笈川先生のWeiboです。2017年1月下旬の方は、動画と写真で合宿の様子がよくわかると思います!

Sina Visitor System

 

なにか質問などありましたら、いつでもTwitter、コメント欄からどうぞ!

コメント欄への返事は遅くなってしまうことが多いです。

ブログには書かない小さなことは、Twitterに書いています。

フォローお待ちしています(杏彩 (@azayhr) | Twitter)
そして、中国情報 にほんブログ村 のクリックお願いします!
ランキングに参加しています😁

 

文字ばかりの読みにくい記事、最後まで読んで頂き、本当にありがとうございます!