✳︎12年間フルゆとり 中国留学生活✳︎

1995年生まれのフルゆとり世代 2016年秋から南京に留学後日本で生活中

中国ビザ申請へ 観光Lビザ獲得!!

来月の春節へ向けて、VISAを取得してきました。

みなさんのご存知の通り、中国へはVISAなしで行くことができ、15日間滞在することができます。

ということは、15日間で一旦中国の外へ出なければなりません。

深センなど、香港に近い場所に滞在するなら、一旦香港へ入り中国へ戻って来れば、また15日滞在可能です。

 

今回、2月の春節を中国で過ごそうと思っており、長い春休みもあるので、一ヶ月滞在できるVISAを申請してきました。

 

知り合いの言っていた、Lビザの取得は簡単だよという言葉通りすごく簡単でしたよ!

 

 

2016年の夏に、X1ビザを名古屋の中国領事館で取得しましたが、今は中国ビザセンターというところで申請可能です。

初めて訪れ、いろいろ変更されている点もありました。

 

名古屋の伏見駅から、歩いてすぐのところにある伊藤忠ビルの中に、名古屋の中国ビザ申請服務中心があります。

 
f:id:azayhr:20180129182903j:image



f:id:azayhr:20180129182929j:image


4階です。

 

Chinese Visa Application Service Center

 

こちらのサイトを見ると予約してから行くと書いてありますが、予約はできないみたいです。

 

申請、受け取り と2回訪問しなければなりません。

 

申請をした日は、平日の10時過ぎに到着しました。

入るとすぐに、日本語が話せる中国人の係りの人が丁寧にすべて確認してくれます。

入ってきた人、すべての人の書類を順番に確認していました。そして窓口に案内してもらいます。

係の人は、中国人、日本人の方がいました。

今までの領事館での申請では、すべて放置で、わからないことがあっても聞けない感じの雰囲気で、中国人の方がたくさんおり、混雑しており時間もかかりましたが、ここはかなり違いました。

 

待たずに案内され、書類がすべて揃っていれば、10分もかからず申請が終わります。

私は必要な書類すべて準備していきました。

 

f:id:azayhr:20180128213640j:image

観光のLビザの取得に必要なものです。

f:id:azayhr:20180128213652j:image

今回の滞在は、友人宅に泊まるので、招聘状は友人に会った時に書いてもらいました。その人の身份证の表裏のコピーも必要です。

飛行機のeチケットも忘れないように!

そして、自分のパスポートのコピーも忘れずに。

 

 

私が指摘されたのは、申請書の空欄には『なし』と記入し、写真の撮り直しをしました。

 

写真を撮るときに、注意点があるので、現地で写真撮るのをすごくお勧めします!!

 

f:id:azayhr:20180129183805j:image

このような注意書きが書いてありました。

料金は800円でした。


f:id:azayhr:20180129184408j:image

そして、申請後はこのような紙をもらい、一週間後以降に取りに行く形です。

領事館のときには、家までパスポートを送ってくれる郵送サービスがありましたが、今は自分で取りに行かなければなりません。

 

受け取りのときに、支払いをします。

私はシングルだったので、サービス料5400円ビザ料金3000円 で合計8400円の支払いでした。

領事館のときには、確か3000円だったと思います。

随分と料金が値上げされています。

ちなみに、

マルチ  10400円

6か月マルチ   11400円

1年マルチ   15400円

みたいです。

 

ビザ代行申請をしてくれる会社に頼むと、いくらくらいになるのでしょう。

 

ビザの受け取りにもほとんど時間がかからず、5分程で終わりました。

 

Lビザ取得にあたって、 準備するものも少なく、かなり簡単にビザが取得できました。

1か月くらい中国に滞在したいな、という方はビザ取得をおすすめします!

料金の値上げと、郵送に対応していないという点では、少し不便になったかもしれません。

 

 Lビザに関する情報がかなり少なく、心配でしたがあっさりとれました。

中国の春節を楽しんできます😁

 

 Twitter更新しています。フォローお待ちしています(杏彩 (@azayhr) | Twitter)
中国情報 にほんブログ村 のクリックお願いします!