✳︎12年間フルゆとり 中国留学生活✳︎

1995年生まれのフルゆとり世代 2016年秋から南京に留学後日本で生活中

南京から車でモンゴルへの旅 ❶

7月の中旬に、彼の家族と、南京から車でモンゴル旅行に行きました。

南京から内モンゴルの临河までの、とてもとても長い道のりです。

人生で初めてこんなに長時間車に乗りました。

1日目は、南京から山西までの、f:id:azayhr:20171127172043j:image

1140kmの旅でした。

14時間も座りっぱなしなんて、今までない!

f:id:azayhr:20171127172146j:imagef:id:azayhr:20171127172150j:image

今まで中国の地図なんて、全く興味なかったのに、いくつもの省を通ってから少し興味を持ちました。

中国のサービスエリアは、基本的に薄暗くて、トイレももちろん汚いし、レストランのご飯も高いのに不味い。。。

ちなみにトイレは、私が使えるくらいのトイレのきれいさです。

ものすごく臭くて、ものすごく汚いところは、私は使えないので、それよりも全然マシでした。そんなトイレを想像していたので、全然大丈夫でした。

サービスエリアでは、カップラーメンをよく食べていました。笑

そして、サービスエリアごとに、アイスを買って食べていました。

日本では、サービスエリアで食べるご飯も一つの楽しみなのに、それが中国ではないみたい。。。

 

 

日本のニュースで見たことがある、高速道路に人が!

全く動かない渋滞です!

後から聞くと、トンネルに水が溜まっていたとか?

f:id:azayhr:20171127172303j:image

トラックの運転手さんは、そこらへんで用を足していたり、車から降りてタバコを吸っていたりします。。。。。

サービスエリア?服务区でみつけた、豚を運んでいる最中の軽トラ。

f:id:azayhr:20171127172530j:image

日本では、動物園以外では、食べるものの生きている姿をあまり見ないと思います。

もう処理がされた状態で売られていますが、中国では、処理をする前の状態で売られているのが普通です。そうやって売ることで、新鮮さを表していると中国人が言っていました。

 

日本では、高速に乗るとき降りる時のみ、料金所を通ると思いますが、中国では頻繁に料金所があります。何回もお金を払わなければなりません。

どういう単位で設けられているかわかりません。。。

そして、ETCがある場所もあればない場所もあります。

 この日は山西のホテルに泊まりました。

中国の田舎にはあまり行ったことがありませんでしたが、やはり、南京、上海とは違いました。

 

f:id:azayhr:20171127172806j:image

あるレストランに入ると、物価が違うなとすごく感じました。南京ではもっと一つ一つが高いです。

f:id:azayhr:20171127172810j:imagef:id:azayhr:20171127172817j:imagef:id:azayhr:20171127172821j:image

 

f:id:azayhr:20171127172831j:image

北方だから、米ではなく、面!面食f:id:azayhr:20171127172840j:image

これ、全然美味しくない。。。味がない。。。

f:id:azayhr:20171127173117j:imagef:id:azayhr:20171127173122j:imagef:id:azayhr:20171127173131j:image

 

白いご飯も頼みましたが、北に行けば行くほど、白いご飯が不味かったです。。。

 

 f:id:azayhr:20171127173141j:image

 

スーパーに行くと、かなり厳重でした。

中国あるあるの、大きなバック等はロッカーです。ここでは、そんなに大きくなくてもリュックは、預けろと言われました。

 

驚いたのは、運転をする時スマホの無料のアプリだけしか利用していないということ。

ナビとか使いません。スマホさえあれば、中国ではどこでも行ける、というのを実感しました。

 

そして、今のこの時代に、山に穴を掘ってそこに住んでいる人がいる。窑洞というらしい。

窑洞を、車に乗っている時に見かけました。

f:id:azayhr:20171128122813j:image

 

 二日目はやっと、モンゴルに到着!

 続きはまた次回。

 

Twitter更新しています。フォローお待ちしています(杏彩 (@azayhr) | Twitter)

 

中国 台湾 日本 おすすめパック プレゼントにも!

みなさんは、双十一の日にどんなものを購入しましたか?

 

最近はまっているパックが、とても安く売っていたので買ってしまいました🙋

 

f:id:azayhr:20171115104746j:image

 

我的美丽日记

私のきれい日記


 

もともと台湾のものですよね。

 

日本では10枚で約1400円で売っています。

1枚  約140円です。

 

そして、双十一の日にタオバオでは、予約をすると51枚で、169元でした。

1枚  約60円です。

めちゃめちゃ安い!!!!!!

 

 

日本版のものと、中国版のものどちらも使いました。

日本版の方が、パックを取り出しても、袋に液がまだ残っているくらいひたひたです。

中国版の方は、袋には液は残っていませんでしたが、ちょうど良い量でした。

 

なんといっても、このパックの良いところは、

貼りやすい!!!

一度使ってみるとわかるはず!!!

 

これからの季節、乾燥も気になると思うので、ぜひ使ってみて下さい!

 

お土産や、女性へのプレゼントにもとても良いと思います♫

 

Twitter更新しています。フォローお待ちしてます(杏彩 (@azayhr) | Twitter)
そして、中国情報 にほんブログ村 のクリックお願いします!
ランキングに参加しています😁

 

実は。。。 中国の結婚事情

実は!!

現在お付き合いしている中国人男性がいます。

女が日本人、男が中国人という珍しいタイプです。

ということで、いろいろわかってきた中国人の結婚事情!!

 

よく言われるのは、男の人は、

①家

②車

③仕事

がないと結婚ができないと言われます。

これは本当です。

ただ家があるだけではだめです。その家がどこにあるのかも大事です!

都心に近いのか、どうかですね。

びっくりしたのは、北京で将来住みたいから、わざわざ北京の人を探すという女性がいるそうです。

日本人の感覚だと、付き合うときにあまりそこまで聞きませんよね。

 

中国のほうが、家の価格が高いのに、どうして買えるか!

それは、親が子供のためにお金を貯めてるのと、拆迁という元々の家を立ち退くと、新しい家をもらえるという中国のシステムがあるから!

日本人は家を建てたら一生住むという感覚だと思いますが、中国人は引っ越しも多いみたいです。

 

 

そして、出会い方!

多いのは、昔の同級生。または親同士が知り合いのパターン。

私の感覚だと、日本ではあまり親が介入しないと思います。

 

日本人の女の子と中国人の女の子、考えていることが全然違うなと思います。

 

最近更新できずすみませんでした。

南京のことや、留学のことについてもまた書いて行きたいと思います。

 

 

 Twitter更新しています。フォローお待ちしてます(杏彩 (@azayhr) | Twitter)
そして、中国情報 にほんブログ村 のクリックお願いします!
ランキングに参加中です。

一年前の今日 南京師範大学へ❶

一年前の今日。

南京に到着し、

私は2016年9月から2017年6月まで、中国の南京市にある南京師範大学の本科生として1年勉強していました。

日本の大学の交換留学ではなく、中国政府奨学金を利用しました。

そして、日本の大学を3年の春学期まで終え、休学して1年留学しました。

 

①国費留学の奨学金

②南京師範大学のキャンパスと寮

についてのお話をしたいと思います!

 

一つ目は 、国費留学の奨学金についてです。

私は普通进修生でしたので、毎月3000元給付。返還なし

学費、寮費、保険代は一元も払っていません。

寮費のデポジット、教科書代は必要でした。

毎日学食を食べ、週末には外食、これなら3000元で十分たります。

ただし、旅行をしたり、ネットショッピングをしすぎると、3000元ではたりなくなります。

 

学食は昼夜は平均10元 

朝は平均4元

週末は外に食べに行っても、高くて100元

 

また、来てすぐは買うものが多いので、3000元ではたりませんでした。

 

保険を使うことは、私は一度もありませんでした。保険に加入していましたが、細かい説明 等は何もありませんでした。

 

 

②南京師範大学のキャンパス、寮について

 

キャンパスは3つあり、留学生が中国語を学ぶキャンパスは随园キャンパスです。今年地下鉄4号線が開通したので、地下鉄の駅も正門から10分ほど歩いたところにできました。

本科生が通うキャンパスは仙林キャンパスです。

市の中心、新街口から2号線に乗って学则路駅まで、約30分

駅から、歩いて15分弱のところにキャンパスがあります。

 随元キャンパス仙林キャンパスを繋ぐバスもあるみたいですが、乗ったことありません。ちなみに4元です。

普通の公共バスで行ったほうが安いけど、乗り換えが1回あります。

 

 

・寮のお話

 

随园のキャンパスにある、3つの寮を見せてもらいました。

名前等は忘れてしまいましたが、1番良い部屋は別棟にある寮。

2人部屋で、シャワー&トイレ、キッチン、ベッド&勉強机&タンス、ベランダ、リビングがあり、南京師範大学で1番設備の整った寮だと思います。ただし、電気代や、水道代は自己負担で、寮費も高いようです。

 

2つめはホテルの中の寮。

一部屋に勉強机、タンス、ベッドがあり、シャワートイレの部屋があります。

部屋の広さはまぁまぁだと思います。

 

もう一つの寮は、こちらもホテルの中にある寮ですが、狭いツインの部屋に住むという形です。いわゆる平均的なビジネスホテルのシングルルームにベットが二つ置いてあるだけの部屋です。もちろん勉強机もありませんし、ベッドも1番狭かったです。

もし留学された際、この部屋になったら係の人に部屋を変えてた言いに行ったほうがいいと思います。変えてくれるかは、部屋の空き具合によるとは思いますが、そこに他人と住むのはなかなか辛いと思います。

 

 そして 最後に私が住んでいた、南京師範大学、仙林キャンパスの寮の写真を載せておきます。

机、ベッドの枠、シャワー、トイレ、洗面台、物干し竿のみです。

シールはもともと貼ってありました。

洋服は外に干せ、スペースもまぁまぁあり、収納スペースも多かったです。この部屋に中国人だと4人で住み、外国人だと2人で住みます。

校内のWi-Fiは有料です。部屋のものが何か壊れたら、わりかし早く直してくれます。

電気代は、ある一定の量を超えると、自分たちで払わなければなりません。

冬だと、1日10元くらいかかっていました。

ちなみに、学校内には、和式のトイレしかありません。

 

f:id:azayhr:20170901114502j:imagef:id:azayhr:20170901114529j:imagef:id:azayhr:20170901114549j:image 

 

この寮を見てみなさんはどう思いますか?

私は外国人とここに住むのがかなりのストレスでした。

 

次回は、南京師範大学への本科留学をおすすめしない理由を書いていきます。

 

 

Twitter更新しています。フォローお待ちしてます(杏彩 (@azayhr) | Twitter)
そして、中国情報 にほんブログ村 のクリックお願いします!
ランキングに参加しています😁

 

中国スマホ 留学のために購入する方へ

お久しぶりです。

日本に帰ってきて、一ヶ月が経とうとしています。

Twitterのほうに、中国では携帯を買ったか?という質問を受けたので、今回は来月から留学に行く人に向けて、オススメのスマホを紹介したいと思います。

 
f:id:azayhr:20170824133900j:image

私のおすすめは、こちら!!!

oppo R11!!

とりあえず、oppoがオススメです!

 

日本の携帯と違って、留学の期間だけだからと、とても安い携帯を買う人が多いと思います。

私はそれはおすすめしません。ただし携帯をほとんど使わない人は良いかもしれません。。。

私は、留学2日目に、华为のスマホを買いました。iphone以外何も知識がなかったので、店員さんのおすすめにしました。

しかし、本当によく固まるし、容量少ないし、動きが遅いしで、あまり好きではなかったです。。。

友達は、中国で買ったスマホが無能すぎて、ほとんど最後は使っていませんでした。

なので、あまり安いケータイを買うのはおすすめしません。

 

そして、どうしてoppoがオススメかというと、殆ど操作がiphoneと同じで、iphoneよりも画質がよく、とても薄くて軽くて、充電も早い!!!

 

留学生の多くは、連絡は中国のスマホを使って。写真は日本のスマホを使って。

2台持ち歩く人がとても多いですが、このoppoを持っているだけですべて網羅できます。

私の周りもそうですが、iphoneユーザーがとても多いです。しかし、中国ではそんなことありません。学生など、若い人には、最近oppoが人気だそうです。

 

ちなみに、スマホを買うときには、全网通のほうがおすすめですよ。スマホ本体のうしろに、会社名が入っていたら、それは全网通ではありません。

中国のスマホは、シムロックがかかっているわけではありません。移动のスマホで、香港のSIMカードがつかえたのに、电信のSIMカードが使えないってことがありました。

ケータイを買うときに注意しないと、中国の3大ケータイ会社のうち、一つの会社のSIMカードしか使えないということがあります。

すべての会社のSIMカードが使えるというのが、全网通です。

 

日本からシムフリーの携帯を使ってる人は、あまりおらず、新しく買っている人が多かったです。

 

 Twitter更新しています。フォローお待ちしてます(杏彩 (@azayhr) | Twitter)
そして、中国情報 にほんブログ村 のクリックお願いします!
ランキングに参加しています😁